7月スタートのカンテレ・フジテレビ系ドラマ「TWO WEEKS」に出演決定!


7月スタートのカンテレ・フジテレビ系火曜夜9時連続ドラマ『TWO WEEKS』に比嘉愛未の出演が決定しました!
比嘉愛未が演じるのは、主人公・結城大地の元恋人・青柳(あおやぎ)すみれ。
お楽しみに!

「TWO WEEKS」
2019年7月スタート 毎週火曜夜9時
※初回放送日未定
(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
【出演】
三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 ・ 高嶋政伸 黒木瞳 ほか

オフィシャルHP
https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html

ストーリー
結城大地(三浦春馬)は、人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた青柳すみれ(比嘉愛未)が現れる。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、8才になる娘のはな(稲垣来泉)が白血病であることを告げられる。突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚える結城。さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだす。

一方、月島楓(芳根京子)は、かつて父親を死に追いやった8年前の事件の黒幕に復讐(ふくしゅう)するため、旧知の仲の国会議員・久我早穂子(黒木瞳)の支えも受けながら検事の道に進んだ現在も、独自に捜査を進めていた。そんな中、楓のスパイとして黒幕に迫った協力者が変わり果てた姿で見つかる。逮捕されたのは、遺体発見現場にいた結城だった…。

はなの手術まで2週間。このままでは骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、娘の命を救うため決死の逃亡に身を投じる…。そんな結城の足取りを、刑事・有馬海忠(三浦貴大)をはじめとした警察、そして協力者の死の真相を確かめたい楓ら検察が追い始める。さらには、結城と古くからの付き合いがある実業家・柴崎要(高嶋政伸)もその動向を虎(こ)視(し)眈(たん)々(たん)とうかがっていた…。

比嘉愛未コメント
Q.このドラマの企画、そして脚本を読まれた時の印象を聞かせてください。
台本を読んだときにスピード感があって、ハラハラして、すごく映像が頭に浮かんだんです。いつも作品に携わらせていただくときに「映像が思い浮かんでときめくか」を大事にしているのですが、今回は一気に世界観に入り込めたので、ぜひ演じさせていただきたいなと思いました。
Q.連ドラでは初の母親役ですが、すみれをどう演じていきたいと思いますか?
すみれは信じられないくらい不運な女性ですが、相当な覚悟と強い母性を持った女性です。その複雑さも繊細さもひっくるめて、すみれの思いを自分の中に落とし込んで演じていけたらと思います。連ドラでは初めての母親役ということで、役者として一つのターニングポイントになる挑戦です。だけど、乗り越えた先は絶対景色が変わるような気がしますので、楽しみながら取り組んでいきたいです。
Q.撮影に向けての抱負や、視聴者に向けてメッセージをお願いします。
私自身、読んでいてすごく面白くて、次も見たいと思える脚本ですので、その中でちゃんと母性をにじみ出せるように頑張ります。素晴らしいキャストの皆さん、特に疾走する三浦春馬さんの熱量を感じてもらえたらと思います。ぜひご覧ください